ジーンズの歴史

ジーンズは、ジーン生地、デニム生地のパンツのことである。
日本ではGパンという呼び名が一般的であった。これはG.Iであるアメリカ軍人が履いていたとの説がある。 ジーンズを日本に紹介した人が、Jパンと名づけようとしたが、発音に近いGパンを代用したという説がある。 ジーン生地のパンツを略して「ジーパン」となり、 ジーにGを当ててGパンとなった説が様々ある。
1956年、日本で初めてジーンズを輸入販売したのは北青山一丁目に在った栄光商事である。 1970年代以降は男性だけでなく、若い女性もジーンズを履くようになった。 ジーンズのデニム素材はフランスで生まれた。 ジーンズの織物技術はイギリス発展した。
日本での歴史は、戦後でアメリカの軍隊のゴミ同然だった古着の中に大量のジーンズがあったことからである。 1945年の戦後に金持ちの国のアメリカらしいジーンズがだんだん日本人の心をとらえていった。 1960年頃に輸入ものであったジーンズを国内でつくろうという動きが出てきた。 国内ジーンズは アメリカからデニム生地を輸入して製造された。 1970年以降 ジーンズが、日本人に受け入れられるようになった。
現在ではアメカジというアメリカンカジュアルが人気になり、ジーンズもたくさんの人にはかれている。